runy3v | sa.yona.la help | tags | register | sign in

n回目の記念日

reply

あなたが見たいと言った映画を見た。

晩は、いつもよりおしゃれなお店で美味しいもの食べた。


帰宅してから、楽しかったありがとう、と伝えた。

あなたは、楽しかったね、と答えてくれた。


それから、録画しておいた水どうを一緒に見て、笑った。


記念日だから、今日の私は一日、ただただバカみたいに、あなたに笑いかけてみた。


記念日だったこと、あなたはまだ気づいてないかな?それともしらばっくれてるだけ?




n年後、私たちはどうしてるんだろね?

posted by runy3v | reply (0)

今日は何の日?

reply

みんなに誓ったあの言葉

あなたは覚えてないみたい


「今日は何の日?」それすらも

あなたは覚えてないみたい


夕べ、そっとブーケを飾った

あの日のふたりを祝おう

ふたりの未来を祈ろう

posted by runy3v | reply (0)

Re: http://k2dg5z.sa.yona.la/25

(笑)ありがとうございます

reply

>一発ぐらいチョップしてやっても

「チョップ」で、ふと、とある替え歌を思い出しました。

子どものとき同級生が歌ってたのね。


それをダンナに「お見舞い」してやってる自分を想像したら、思わず吹き出しちゃった(笑)


ありがとう:)




♪どんぐりころころ馬場チョップ

 おいけにはまって地獄突き

 どじょうがでてきて十六文

 ぼっちゃんいっしょにラリアット~

posted by runy3v | reply (0)

ぐち@独り言

reply

昼間、熱中症になった後遺症で、ただいま思考がネガティブ一直線。頭、痛い。



うちのダンナ(メタボ予備軍)は、会社支給のケータイ使って、

独身のフリして協力会社のオンナノコ誘ってデートしてもらえて

「オレってまだまだいけてんじゃん!?」と、一人で勝手に浮かれてた。


内緒にしてるつもりだったが、浮かれすぎて様子がおかしくなって、妻にはバレバレであった。


うーん、ありがちな、バカダンナだ。



ところで。


ケータイの法人契約がどういう料金体系だか、知らないけどさ。

会社ケータイだって(場合によっては)私用したってよろしい、とは思ってるけどさ。


あんたの部署の予算は、あんたが握ってるんだろう?

どんだけ仕事しても利益上がっても、あんたの女遊びに多少なりとも吸い取られてくってことかい?


そりゃ、部下がかわいそうだねぇ。

あんたの尊敬する島耕作だって、「もう少しうまいことやれよ」って言うんじゃない?



こんなどうしようもないバカダンナだけどね。


好きなんだよね。

死ぬまで、一緒にいたいんだよね。

もう、自分でもどうしようもないんだよね。



好きも嫌いもどうでもいいも、何も言ってくれない日々。苦しいよ。

posted by runy3v | reply (1)

めぞん一刻

reply

超久しぶりに読んだ。なんとなく、インターネットと携帯電話がない時代に戻りたい、と思った。



…とケータイからメールで上げてる自己矛盾な私……

posted by runy3v | reply (1)

Re: 女性専用車両

女性ですが、

reply

隔離されてる感じがして、女性専用車両は好きじゃないです。

「どうせなら男性専用車両も作ればいいのに」と思ったりします。他意はないですが。

posted by runy3v | reply (0)

気配

reply

見えないけど…いる。絶対。う〜ん、でも眠い…


もう知らん、今日は放置!


posted by runy3v | reply (0)

「遺言書を書こう」

reply

30代前半、女性、既婚。

ダンナとは冷戦中。子どもはいない。



私が子どもだったころ、祖父が私名義の銀行口座をつくらせた。中身は祖父の金。

その金で進学させてもらった恩があるから、今さら横取りする気も、相続の意思を聞く気もない。


ただ、万が一、不慮の事故かなんかで、祖父より先に私が死んだら、その口座はダンナのものになる。

祖父から見れば、金を取り上げられることになる(私名義にしたのは祖父だから、自業自得ではあるが)。


だから、遺言書を書こうと、ここしばらく考えていた。


でも、数ヶ月間、未だ手付かず。

だって、書いたら、心残りがなくなってしまうから。


心のどこかに辛くても生きたい自分が居て、スーサイドをコミットしかねない自分を、無意識に抑えているのかもしれない。

心配なのは「不慮の事故」なんだから、書いておくのに越したことはない、はずなんだけど。



ところで、もし今死んだら、どこの墓に入るんだろうか、私?

posted by runy3v | reply (0)

Re: ドラクエ4(FC版)を今更クリアして気づいたこと

つい、

reply

つられてDS版を買っちゃいました。

これから冒険に旅立つよ?


FC版をやったのは発売当年だったから、ええと何年ぶr…(以下略)

posted by runy3v | reply (0)

たれめがね

reply

最近、るいせん使いすぎで、タレ目な人相に変わってきた。タレ目の眼鏡です。



「歳のせいで、顔の筋肉衰えてきたんでねが?」ってなツッコミは、スルーします。

posted by runy3v | reply (0)

浮気された側の、ひとりごと

reply

仮に「独り身だったとしても同じように相手を想う」というなら、仕方ないと思えないこともない。

心変わりが(あるいは「二人同時に好き」とか)、そういう不可避な心の動きって、たぶん、あるから。


ただ、「浮気してる自分、カッコイイ~」と、その状況に酔ってるだけなら、

私はむしろ、相方をそんな風に貶めてしまった自分を責めてしまう。

いっそ今すぐこの世から消えてなくなりたい、とすら、思う。


どうやら後者、うちのダンナ。

それでも生きてる、今の私。

posted by runy3v | reply (0)

実感

reply

後悔は、先に立たず、後を絶たない。

posted by runy3v | reply (0)

白い飯

reply

やっぱり、うまい。

posted by runy3v | reply (0)

http://runy3v.sa.yona.la/7

reply

前回書いた直後に、ケータイでもうまく閲覧できるようになってたんですね。

しばらく見られなかったので、今、気づきました。


プライベートになんかお構いなく、仕事はやってくる。

海外出張から今日帰国した。


今は、ただただ、白い飯を食いたい。

posted by runy3v | reply (0)

あれ?

reply

多言語対応、とっても面白い解決策でよいと思いました。


個人的には、JavaScript未対応のケータイから閲覧できなくなって、ちょっとさみしいけども。

今こそ機種変、かな?

posted by runy3v | reply (3)

爆笑できた

reply

先週ふと見たテレビ番組で、「何とかの母」さんがタレントさんたちを占っていた。


 「ここがこうなってると、○歳くらいで結婚する。」

 「そこがそうなってると、その結婚相手が不倫するから、気をつけろ。」

 「あそこがああなってると、離婚しやすい運命だ。」


占いとか診断とか、ふだんは盲信してないつもりだけど、

改めて鏡で自分の手と顔を見たら、「ここ」も「そこ」も「あそこ」も、その相だった!!


苦笑のあと、ひとりで爆笑。



あ。

…ちょっと元気になってきた?>自分

posted by runy3v | reply (0)

Re: ひとりごと

返信をくださったかたへ。

reply

>元気出して


>大丈夫! あまり頑張らないで。


言葉が、すーっと、沁みました。ありがとうございました。


2ヶ月間くらい、一人でぐじぐじ考えて、心がなんだか閉じていたんです。


彼の浮気やら、私に内緒でこさえて膨らんでた借金(ぎゃぁ!)やら、問題が山積み…

気持ちを彼から直接聞きたいのに、核心に迫ると逃げられる…


彼=ダンナ。

今は、家庭内別居。

近くて遠い、せつない。


こんな自分を笑い飛ばせる日までは、もう少し時間がかかるかもしれません。

せめて、気持ちの波と、もっと上手に付き合っていきたい。



そうそう。

今の自分には、sa.yona.laは「しがらみを忘れて、ほんの一時、今の私にさよならできる場所。」…

こんなありきたりの独白でも、読んでくださって、ありがとう。

posted by runy3v | reply (0)

ひとりごと

reply

浮気されたってのは、それでもやっぱ、やりきれない。

悲しくて、辛くて、どうしようもない。

通勤で駅のホームを歩いても、夕食作るのに包丁を握っても、

「ここで命を落とすのは簡単だ…」と、流されそうになっては踏みとどまる日々。


どっちが悪いとかどっちも悪いとか、原因とか責任とか、今でもまだよくわかんない。

ただただやりきれない思いだけが尾を引いていく。

かつて笑顔だった君を想い出して、涙があふれる。


夜も熟睡した感じがしない。疲れがたまって、正直、仕事に支障が出てきてる。

そんなプロ意識のかけらも出せてない自分…子どもじみた自分が、心底情けない。

相方の笑顔に支えられて、自分も笑顔で生きてこられたことに、今さらながら感謝する。

相方が助けてくれてたおかげで、自分も仕事に打ち込めていたことに、改めて気づく。


彼に、あの笑顔を取り戻してほしい。

そのために自分にできることの中には、選びたくない選択肢もある、けれど。



素のネガティブな想いをweb上のどっかに書くって、他ではあまりやったことないけど、

sa.yona.laでなら、許されるかなぁ…?

posted by runy3v | reply (3)

http://runy3v.sa.yona.la/2

reply

思春期に考えていたこと。


  例えば、

   「どのくらい憎いか?」

   「殺したいくらい、憎い」

  っていう会話は成立するかもしれない。


  けど、これは「どのくらい」を説明するためのたとえ話。

  ほんとに刺したら、いけない…理屈は説明できないけど、とにもかくにも、いけないのだ。



…と何度も自分に言い聞かせた十年以上前、思春期の日々。

おかげさまで、ちょっと以上にいろいろあっても、自分は今日も生きてる。


これで、いいのだ。

posted by runy3v | reply (0)

まいご

reply

もし、子どもがまいごになったら、泣き叫んで自分の位置を知らしめて、保護者を求めるだろう。


大人がまいごになったときは、どうするだろう…?

たぶん、まずは、自分がどこにいるか、判断する。

次に、そこから目的地に行く方法を考えて調べる…

 電車にバスに乗るか、タクシー拾うか、走るか歩くか、迎えを待つか。

最後に、それを実行に移す。


人生のまいごでも、たぶん基本は一緒だよねぇ。

posted by runy3v | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.